浮島・阿波を行く

地域に眠る埋もれた歴史シリーズ(8)
A5版 x 71頁
著者:木村 進

茨城県と千葉県の県境には利根川があるが、安房国や海上国と常陸国の境地域には昔の何かが残されていそうである。
常陸国風土記に「葦原の中津の国」とも記されているこの地方だが、大昔は流れ海・香取の海などと言われた大きな内海とそこに平和に暮らしていた縄文人がいた。
そこにはどんな景色が見えてくるのだろうか。

(目 次)
(1)茨城百景古渡の湖畔      ・・・・・ 1
(2)興禅寺 - 不許葷酒入山門     ・・・・・ 6
(3)景行天皇行在所跡(お伊勢の台)  ・・・・・ 9
(4)浮島と製塩(広畑貝塚)     ・・・・・ 13
(5)毘沙門堂 (馬渡:まわたり)   ・・・・・ 18
(6)大杉神社(総本山)      ・・・・・ 24
(7)安穏寺 - 常陸坊海尊      ・・・・・ 26
(8)満願寺(阿波崎)      ・・・・・ 30
(9)龍神蛇神          ・・・・・ 35
(10)永楽寺(阿波崎)      ・・・・・ 37
(11)神宮寺          ・・・・・ 40
(12)神宮寺城跡        ・・・・・ 45
(13)高田神社        ・・・・・ 49
(14)逢善寺          ・・・・・ 52
(15)阿弥陀寺        ・・・・・ 64
(16)和田岬と和田公園(浮島)    ・・・・・ 67

¥ 600

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 180円

※3,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価